主婦・主夫の味方 クラウドワークス!稼ぎ方をゼロから無料で伝授

投稿日:

大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」で実際に食べていけるだけ稼いでいる筆者が、本当に稼ぐためのコツを伝授いたします。

念のためですが、「ここから先を知りたければ教材を買え!」「この先は有料記事だ!」ということは一切ありません。最後まで無料で読めますので、ご安心くださいね!

仕事はしたい!でもワケあって外では仕事ができない主婦・主夫には在宅ワークが最適

この記事を読んでいる方の中には、周囲から「え、専業主婦(主夫)?今は共働きの時代なのに。ちゃんと働いた方が良いよ!」「働いてないなんて怠慢だ」などと言われている人も少なくないと思います。

しかし、家庭の事情は家庭の数だけ存在するもの。

「介護や育児で忙しいから外で働けない」という方もいれば、「体に障碍があるから、通勤が難しい」「パートナーに『外で働くな』と言われている」という方もいるはずです。

私はそんな人たちにこそ、ぜひ在宅ワークを始めていただきたいと考えています。

家の中で働ける在宅ワークのススメ

「在宅ワーク」とは、その言葉通り、家の中で働くことを意味します。とはいえ、「家の中でする作業なんて仕事じゃない」と言う人はたくさんいますし、私も散々そういった罵声を浴びせられてきました。

でも、ちょっと考えてみてください。昔から小説家や漫画家は、自宅を作業場にして仕事をしている人が大半だったはずです。また、自営業の人たちの中には、自宅に事務所を構えたり、家を改築してお店を経営している人もたくさんいますよね。

そう考えると、「家の中でする作業なんて仕事じゃない」という言葉が、どれだけナンセンスなものかがよく分かるのではないでしょうか。

在宅ワーク=内職・副業とは限らない!本職にしている人も

はじめに書きましたが、筆者は在宅ワークだけで食べていけるだけのお金を稼いでいます。つまり、私の場合は「在宅ワーク=本職」です。個人事業主として税務署に届けを出していますし、しっかり納税もしています。

それでも言う人は言うのです。「家で仕事してるの?ちゃんと仕事に就いた方が良いよ」と。私はいつも笑って受け流していますが、「いやいや、だからコレが本職だって!」と内心では突っ込んでいます。

「在宅ワークは、あくまで内職や副業に過ぎない」と考えている方は多いです。また実際に、内職・副業として在宅ワークに取り組んでいる方は、私の周りにも大勢います。

でも、それと同じくらい在宅ワークを本業にしている人も山ほどいるのです。

在宅ワークって安全なの?危険な要素は?

あなたにとって在宅ワークが安全かどうかは、私には分かりかねます…、というのが正直なところです。

私自身は危険な目に遭ったことはないのですが、ネット上の知人からは色々な話を聞かされています。個人を特定できない範囲で、いくつかのケースをご紹介しましょう。

  • 報酬が支払われないまま逃げられてしまった
  • 面接とは名ばかりのネットワークビジネス(ねずみ講など)への勧誘
  • 面接とは名ばかりの出会い目的
  • 納品後、「こんなんじゃダメだ」と言われ、一方的に報酬額を引き下げられてしまった

これらの事例を見て、どう思われましたか?「やっぱり在宅ワークって怖いものなんだ」と感じた方もいるのではないでしょうか。

しかし、上で挙げたようなトラブルの数々は、外で働いていても起こり得るものばかりです。仮にブラックな職場に採用されてしまった場合は、もっと色々な問題に巻き込まれることが予想されます。

また、これらのトラブルが未然に防げるものばかりである点にも注目すべきでしょう。クライアントを冷静に精査して正式に契約を交わし、金銭のやり取りをスムーズかつ安全に行えるシステムさえ確保していれば、予防できていたはずなのです。

「在宅ワークは危険か安全か?」、この答えは在宅ワークに取り組む人によって異なります。

それでもあえて回答するとすれば、「安全に作業できる人もいれば、失敗してしまう人もいる。『誰にとっても100%安全なもの』とは言い切れない」というところでしょうか。

人気の在宅ワーク求人サイト「クラウドワークス」&「ランサーズ」

ありがたいことに、今は安全に在宅ワークに取り組めるネットサービスが普及しています。

それが、これからご紹介する「クラウドワークス」と「ランサーズ」というクラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトとは?

クラウドソーシングサイトは、クラウドソーシングをスムーズに進めるためのシステムを提供しているサイトです。

では、「クラウドソーシング」とは一体何なのでしょうか?日本を代表する百科事典「日本大百科全書」には、次のように記載されています。

インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を委託する、アウトソーシングの手法の一つ。群衆crowdと業務委託sourcingを組み合わせた造語である。

官公庁や大企業などは賞状や招待状の宛名(あてな)書きなど総務作業の一部を内職に委託しているが、インターネットを活用することで、より広範な部門で業務委託ができるようになる。

企業にとっては、低コスト、短期間で成果が得られるメリットがある。

「聞きなれない言葉ばかりでよく分からない…」という方もいるかと思いますが、とりあえず太字の部分だけ把握していれば問題ありません。

クラウドソーシングは、「ネットを通じて色々な人にお仕事をお願いするためのシステム」です。そして、クラウドソーシングサイトは、その手助けをしてくれるサイトといえます。

端的に言えば、クラウドソーシングサイト=ネットを通じてお仕事をするための求人サイト、といったところでしょうか。

クラウドソーシングサイトの仕組み

クラウドワークスを例に、クラウドソーシングサイトのシステムについてより具体的に解説します。ランサーズについては省略しますが、クラウドワークスとほぼ同じような仕組みです。

クラウドワークスのシステム


出典:クラウドワークス

上の図が表している通り、クラウドワークスはクライアント(仕事を発注する人)とワーカー(仕事を受注する人)を結びつける役割=仲介役にあたる存在です。

  1. まず、クライアントはクラウドワークスのサイト上からお仕事の募集を出します。(例:「1記事1,000円の記事作成してくれる人を募集します!」)
    その募集を見たワーカーがその案件に応募し、見事クライアントとの合意が取れれば、契約締結です。
  2. 契約後、クライアントは報酬額(今回の例の場合は1,000円)をクラウドワークスに預けます。=仮払い
    ワーカー側はクライアントの仮払い完了後に、作業を開始。
  3. 作業が完了したら、ワーカーはクラウドワークスのサイトを通じて、クライアントに「納品」の手続きを行います。
    クライアントが成果物を確認し、OKであれば作業は終了です。
  4. クライアントが「検収完了」の手続きをすると、クラウドワークスに預けられていた報酬が、ワーカーに支払われます。(正確には、お金はクラウドワークス内から動きません。ワーカーが出金手続きを行うことで、クラウドワークスからワーカーに報酬が支払われることになります)

先ほど在宅ワークのトラブル事例をいくつかご紹介しましたが、実はいずれもクラウドワークスのシステムを正しく利用していれば、防げるものばかりなのです。

ちなみに、ワーカーの納品後、クライアントが2週間にわたって検収を放置した場合は、自動的に検収完了扱いとなり、ワーカーに報酬が支払われる仕組みとなっています。

クラウドソーシングサイトで募集しているお仕事内容

クラウドソーシングサイトに掲載されているお仕事の内容は多岐にわたります。


出典:クラウドワークス

特殊なスキルがなくても取り組めるデータ入力やブログ記事作成から、専門性の高いWeb記事執筆、Webデザイン、オンライン事務など様々です。

大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」と「ランサーズ」の評判

この2サイトはシステムがほぼ同じということもあり、評判・評価もよく似ています。その評判は完全に2極化しており、稼げている人・稼げなかった人でかなり明暗が分かれている状態です。

稼げている人による評判

  • 仕事がたくさんあるし、クラウドソーシングサイトの中では高報酬なので助かっている。
  • 自分に合いそうな仕事をスキマ時間にサッと探せるのが便利。育児の合間でもできる。
  • やればやるだけお金を得られるのでやる気が出る。

稼げなかった人による評判

  • 結局、スキルのある人しか稼げない。
  • 根気強くやらないと、まとまった報酬を得られない。
  • ぶっちゃけ外でバイトした方が稼げる。

稼げなかった人の多くに共通しているのは、「クラウドワークス(ランサーズ)に登録すれば、生活できるだけのお金をすぐに得られる」と勘違いしていることです。

もちろん、全員がそう思っているとは言いません。しかし、思い違いをしている人が非常に多いというのは見逃してはいけない事実です。

クラウドワークスは一攫千金を狙うサイトではありません。あくまでお仕事の求人・仲介サイトに過ぎないのです。

「クラウドワークス 稼げる or 稼げない」で検索している方は大勢いますが、お金を稼げるかどうかは自分次第ということを忘れないでください。

クラウドワークス、私(ライター)の月収を公開します!

下の画像は、クラウドワークスの私の報酬ページをキャプチャしたものです。

赤丸部分が報酬の合計額で、この時は約39万円の稼ぎがあったようです。…といっても、この内の約10万円ちょっとは先月の稼ぎなので、月収としてはおおよそ25万円~30万円未満だった、ということになります。

クラウドワークスは無料で利用可能!退会も簡単&安全だから気軽に始められる

クラウドワークスは無料で利用可能です。

「タダなのにどうやって運営しているの?」と疑問に思われるかもしれませんが、クラウドワークスでは、ワーカーが得た報酬額の何割かを「システム利用料」として差し引くことで儲けを出しています。

これについては後でより詳細に解説しますね。

クラウドワークスの退会方法

「サイトに登録したら最後、退会できないんじゃないか」と心配している方もいるのではないでしょうか?

でも安心してください。クラウドワークスの退会はびっくりするくらい簡単です。

プロフィール編集画面を表示して、「メールアドレス・パスワード編集」のリンクをクリック→「退会する」を押すだけ。

ただし、クライアントとの契約が続いている状態では退会できないので注意してください。

初心者向け クラウドワークスでの稼ぎ方

より詳細な稼ぎ方は他の記事で解説しますが、まずはクラウドワークスのシステムを利用してみることから始めましょう。

登録前の注意事項

クラウドワークスを利用できる人は、以下の条件を満たしている人のみです。条件に該当しない方は規約違反となるため、ご注意ください。(当サイトでは責任を負いかねます)

  • 満18歳以上であること。
  • 未成年である場合、法定代理人の包括的な同意を得ていること。
  • 電子メールアドレスを保有していること。
  • 既にクラウドワークス上にアカウントが存在しないこと。(重複登録していないこと)
  • 過去・現在または将来にわたって、暴力団などの反社会的勢力に所属せず、これらのものと関係を持っていないこと。

特に未成年の方は気を付けてください。「どうせバレないだろ」と思っていても、稼いだ額によってはバレる危険性があります。

楽天銀行の口座を開設しておこう

クラウドワークスで報酬を得ても、振込先の口座がなければお金を手にすることはできません。

振込先はどこの銀行でも構わないのですが、できれば楽天銀行の口座を振込先として設定しておいた方がお得です。

その理由は振込手数料にあります。振込先が楽天銀行の場合は手数料が100円で済むのですが、他行の場合はなんと500円もかかってしまうのです!

400円の差はかなりでかいので、もし楽天銀行の口座をまだ持っていないのであれば、この機会に開設しておくべきでしょう。

口座開設はこちらから可能です:楽天銀行

まずは入会&ログイン!

とにかく、まずは入会しなければ何も始まりません。今回は特別に、メチャクチャお得に入会できる方法をお教えします。

なんと上のボタンから入会して、3か月以内にクラウドワークス内で1,000円稼ぐと、追加で1,000円もらえてしまうのです!

つまり、1,000円分の働きで2,000円ゲットできるということ。

「たった2,000円?」と思われるかもしれませんが、クラウドワークス初心者が初月でこれだけ稼げるなんて珍しいことなのです!ちなみに、私の初月の月収は600円でした…。

PCで登録したい方は、こちらのボタンから登録してください。(ただし、登録だけスマホで済ませて、実際の作業はPCで進める、というやり方の方がスマートではあります。)

リンク先の解説や入会時の案内などには、しっかりと目を通すようにしましょう。そこにも稼ぐためのヒントはたくさん隠されています!

最初のお仕事はタスクのアンケートが最適

クラウドワークスのお仕事形式には、プロジェクト・タスク・コンペの3つがあります。

プロジェクト形式 クライアントと契約し、メッセージなどで話し合いをしながら作業を進めていく働き方です。
クライアントにもよりますが、納期が明確に決まっています。
納品したものがクライアントに検収されれば、報酬確定となります。
タスク形式 クライアントとの契約不要。いつでもどこでも、自分に合った作業に取り組める気軽な作業形式です。
クライアントによって作業内容が承認されれば、報酬確定となります。
コンペ形式 コンペに応募し、採用が決まれば報酬確定となります。

まずは、タスク形式から取り組んでみることをおすすめします。

ネット上では「タスクなんか稼げないからやるだけムダ」などと書かれていることもありますが、初心者がまず最初に取り組む作業としては打ってつけです。

タスク募集のページ(PCの場合)から自分にできそうな作業を探して、さっそく作業に取りかかってみましょう!特にアンケートのタスクがお手軽ですよ。

報酬からシステム利用料が差し引かれる点に注意

クラウドワークスのシステムは無料で利用可能ですが、その代わりとして報酬額からシステム手数料が差し引かれます。

システム利用料の割合は以下の通りです。

タスク形式 一律報酬額の20%
10万円以下の部分 報酬額の20%
10万円~20万円以下の部分 報酬額の10%
20万円超の部分 報酬額の5%

報酬額1,000円のお仕事をした場合

1,000 -(1,000×0.2)=800円 ← 実際にメンバーが受け取る額

プロジェクトやコンペに応募しつつタスクもこなしていきましょう

タスク形式のお仕事に慣れてきたら、プロジェクトやコンペ形式のお仕事にも挑戦してみましょう。

プロジェクト・コンペは同時期に複数のものに応募しても問題ありません。どんどん応募して採用を勝ち取ってください!

また同時に、タスクもこなしていくようにしましょう。プロジェクトやタスクは採用が決定するまでに数日かかるものがほとんどですから、その期間に何もしないのは時間がもったいないです。

1,000円以上貯まったら出金してみましょう

いくつかのお仕事をこなし、報酬の合計額が1,000円以上になったら出金手続きをしてみましょう。報酬の合計額は、こちらのページ(PCの場合)から確認可能です。

報酬の振込み形式には2種類ある

クラウドワークスで得た報酬は、基本的にキャリーオーバーされ続けます。そのため、自分の口座に振り込んでもらうためには、キャリーオーバー状態を解除しなければいけません。

PCの場合は、報酬ページの下部「今すぐ出金申請をする(クイック出金)」のボタンを押すか、「出金方式を変更する」のラジオボタンを「キャリーオーバー方式」→「随時出金方式」に変更すればOK。

アプリの場合は、トップページの「さらに詳しく報酬を見る」から出金申請できます。

出金の締め日と振込日を把握しておこう

「今すぐ出金申請をする(クイック出金)」の手続きをした場合、申請後3営業日以内に報酬が振り込まれますが、「キャリーオーバー方式」を「随時出金方式」に変更した場合は、仮の振込予定日が決定するだけとなります。

これは、クラウドワークスが「15日締め・月末振込」「月末締め・翌月15日振込」というルールを設けているためです。

  • 1月15日までに「随時出金方式」に変更した場合、その日までにキャリーオーバーしてきた報酬は月末に振り込まれます。
  • 1月16日~月末までに「随時出金方式」に変更した場合、その日までにキャリーオーバーしてきた報酬は翌月15日に振り込まれます。

クラウドワークスで稼げる人になるためのコツ6選

クラウドワークスで稼げるようになるためには、いくつかのコツが必要となります。

これらを知っているのと知らないのとでは、3か月後までに得られる報酬額に圧倒的な差がついてしまうことでしょう。

プロフィールをしっかりと書き込むこと

意外と軽視している方が多いのですが、プロフィール設定は念入りに行いましょう。

なぜなら、クライアントがワーカーのプロフィールを見てスカウトメッセージを送ってくることがあるからです。また、ワーカー側から応募した場合も、クライアントはプロフィール欄を見て採用の可否を決定します。

特に書くべき内容は以下の5つです。

  • これまでの経歴(職歴など)
  • 自分の長所・アピールポイント
  • 得意分野(具体的に)
  • 過去の実績(あれば)
  • どんなスタンスで作業に取り組むか

こちらからランキング上位の方のプロフィール欄を確認できます。プロフィールの書き方に迷った場合は、参考にしてみてください。

「クラウドワークスに登録したけど、全然採用されない」「稼げない」と嘆いている人の多くは、このプロフィール欄を適当に埋めている傾向にあります。

仕事を取りたいのであれば、プロフィールはしっかりと書き込みましょう。

本人確認書類は必ず提出すること

これもまた軽視されがちなポイントですが、非常に重要なものです。

本人確認書類提出とは、ワーカーが本人であること(=実在する人物であること)を証明するための手続きとなります。案件によっては、この手続きを行っていないと受注できない場合も。

申請ページにも、「書類を提出すると、契約率が4倍に!」と記載されていますから、書類提出はできるだけ早めに済ませておきましょう。

実績がない人は下積みが必要なことを覚悟すること

もともと専門性の高い職に就いていて、その実績を活かしてクラウドワークス上で活動する場合(医者だった人が医療系記事の執筆案件を受注したり、漫画家がイラストの作成依頼を請け負ったりするなど)は、下積みはそれほど必要ありません。

プロフィール欄に職歴を書いたり、ポートフォリオに過去の作品を登録したりしておけば、クライアントの方から勝手に依頼が来ることでしょう。

しかし、そういった人ばかりではないはずです。特にこれといった実績がない方は、これから下積みをしなければいけない(=実績をつくっていかなければならない)と考えてください。

ネット上では、「クラウドワークスで3か月仕事してみたけど、1万円も稼げなかった」という書き込みをよく目にしますが、これは当たり前です。実際、私もまとまったお金を稼げるようになったのは3か月目以降でした。

繰り返しになりますが、クラウドワークスで稼げるかどうかは自分次第です。やるべきことをやっていない人は絶対に稼げません。

案件とクライアントはきちんと精査すること

クラウドワークスに関するネット上の書き込みでよく見かけるのが、「契約したらネットワークビジネスへの勧誘だった」「クライアントに暴言を吐かれた」「詐欺だった」というものです。

しかし、これらのトラブルは契約前にクライアントをしっかり精査していれば、未然に防ぐことができます。

クライアント評価は必ずチェックして!

クライアントの名前のそばに表示されている☆マークは、そのクライアントの評価ポイントです。この評価が5.0に近ければ近いほど、そのクライアントは良いクライアントということになります。

大抵のトラブルはこの評価値を参考にすることで避けられますから、必ずチェックするようにしましょう。

ただ、発注数の少ないクライアントの場合、評価が全くついていないこともあります。そういったクライアントの中にも良い人はたくさんいますが、初心者のうちはできるだけ避けた方が無難です。

クライアントには真摯な態度で接すること

「相手に舐められないように強硬な態度でいよう」「絶対に安請け合いなんてしてやらない!」「どうせ私を騙そうとしてるんだ」という態度でクライアントに接するのはNGです。

相手も人間ですから、そんな態度で接してくる人に良い感情を抱くはずがありません。「この人、仕事はできるんだけど性格がな…」と思われてしまったら、その人からはもう仕事をもらえなくなってしまうでしょう。

媚を売るなど特別なことをする必要はないので、ごく普通に対等に、真摯な態度でクライアントに接するようにしてください。

ビズアシスタントオンラインを有効活用すること

ビズアシスタントオンラインとは、クラウドワークス事務局の方があなたの適正に合った案件を紹介してくれるシステムです。

事務局やクライアントとのオンライン面談や書類提出などの手間はかかりますが、次のような様々なメリットがあります。

  • 事務局が仕事を見つけてきてくれるので、自分で仕事を探さなくて済む。
  • 数か月単位の長期継続案件を紹介してくれるため、収入が安定する。
  • クライアントとワーカーの間に事務局が入ってくれるため、安心して契約できる。(クライアントとの面談も事務局の方が間に入ってくれる)
  • システム手数料が無料
  • 実績がなくてもOK

私もこれを利用するようになってから、食べていけるだけの収入を得られるようになりました。特に自分で仕事を探さなくて済むというのは大きいです。

ビズアシスタントオンラインはこちらから利用申請できます。

私たち夫婦は在宅ワークのおかげで円満です

在宅ワークのメリットは、その言葉通り自宅内で働けることにあります。

通勤の手間や時間がかからないので、その分だけ家事や育児の時間を確保できますし、「満員電車でもうクタクタ…」とムダに体力を浪費することもありません。

また、何時間も煮込まなければならないような料理も、仕事と同時進行で進められるというのは便利ですね(笑)。

そうなると必然的に精神的な余裕も出てくるので、夫とも良い関係を築けています。もともとちょっとハードな職に就いていたので、「在宅ワークに切り替えないで、あのまま仕事を続けていたら、今の関係はないんだろうな」と想像することも。

現代は色々な働き方が認められています。在宅ワークはやめようと思えばすぐにやめられるものですから、まずは3か月、真剣に取り組んでみませんか?


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
在宅ワーク講座担当

在宅ワーク講座担当

主に在宅ワークで生計を立てています。 自宅で働くことの良さを1人でも多くの方に知っていただければ嬉しいです! 趣味は食べ歩き。

-主婦&主夫の在宅ワーク講座
-,

Copyright© 夫婦円満.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.