夫婦の生活費は20万円あれば十分?内訳を元にFPがアドバイス

投稿日:

将来に備え、月々の生活費はなるべく抑えておきたいもの。とはいえ、タイトルのように1か月20万円の生活費で夫婦は暮らしていけるのでしょうか。

強い意志があればもちろん可能かもしれません。でも、余裕のある生活ではないことも確かです。

リアルに生活費20万円で暮らした場合のイメージをご紹介します!

住居費をどれくらい抑えられるかがポイント

家計費の中で大きな割合を占める住居費。住居費を収入の25%と考えると、20万円の生活費であれば5万円程度です。

多くても30%以内に抑えるのが理想とされているため、7万円程度が限界でしょう。

地域によって家賃相場は大きく異なりますが、職場までの交通費が高くなってしまっては意味がありません。

トータルで支出が少なくなる場所を選んでくださいね。

20万円で生活した場合、家計の内訳はこうなる!

具体的にイメージできるよう、生活費20万円のやりくり例をご紹介します!

費目 金額
住居費 7万円
水道・光熱費 1.5万円
食費 3万円
保険 2万円
通信費 1万円
車・交通費 1万円
日用雑貨 0.5万円
交際費 0.5万円
医療費その他 0.5万円
夫小遣い 2万円
妻小遣い 1万円

余裕があるとは言えませんが、十分暮らしてはいけますね。ただし、親戚づきあいの多い地域であれば、交際費が膨らんでしまうため、臨時に備えた貯金も必要となります。

また、車には維持費がかかるため、ローンまで抱えてしまうと赤字になる可能性も。通勤等で必要ない場合は、カーシェアも検討したいところです。

日常の心がけが大切。食費や水道・光熱費も見直そう

食費を月3万円でやりくりする場合、週あたり7,500になる計算です。この場合、職場にはお弁当を持参し、ペットボトル飲料の購入も控えないと厳しいですね。

また、お風呂には続けて入るようにして、保温時間を少なくする、電気のつけっぱなしはやめるなど、日常の小さな節約意識も大切になります。

一方で、若くても生命保険や自動車保険など、もしもの備えをしておくことは重要です。通販型の自動車保険や掛け捨ての医療保険で保険料を抑えましょう。

衣服代や美容院代、化粧品代はお小遣いから捻出

上記で挙げた項目には、衣服代や美容院代、化粧品代を含めていません。これは、毎月洋服を買っているどころではないからです。もちろん衝動買いなんてもってのほか。

手持ちの服とのバランスを考えてから、本当に欲しい服だけを購入しましょう。

また、リサイクルショップやフリマアプリでは、安い洋服を気軽に購入できますが、買いすぎてしまっては元も子もありません。注意しながら利用したいですね!

病院代はバカにできない!健康管理は必須条件

20万円の生活の大敵は、なんと言っても臨時の出費。もともとギリギリで生活しているため、臨時の出費があると上限を簡単に超えてしまいます。

そんな中、地味に侮れないのが健康管理です。

風邪の引き始めに無理をして夜更かしをしたり、飲酒をしたりして睡眠の質を下げてしまうと、状態が悪化して医者へかからなければならなくなる場合も。しかも、薬代もばかになりません。

日頃から栄養のあるものをバランスよく食べる、基本的な心がけが大事です。

まずは夫婦の保険から見直してみませんか?


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ぼたん

AFP・2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 お金の話をわかりやすく伝えるライターとして活動中です。

-暮らしの疑問
-

Copyright© 夫婦円満.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.