夫婦幸せエピソード集♪思わずほのぼのしちゃうラブラブ夫婦10組

更新日:

夫婦の仲睦まじい姿を見ていると、何だかこちらもほのぼのとした気持ちになってきますよね。
そこで今回は、10組の夫婦にラブラブエピソードを伺ってみました!

温かい気持ちになりたい方はもちろん、「夫婦円満の秘訣を知りたい!」という方もぜひ。

表情豊かではない私の旦那

私の旦那様は、無表情な事が多いです。それは結婚前から分かっていたことなのですが…(笑)

私の昔からの夢は笑いが耐えない家庭を築くことでした。

最近では、私が旦那を笑わせようと身体を張って、まるで女芸人かのように頑張っています!!
アイドルのダンスからモノマネからノリツッコミまで…。

そんな時に旦那がプッッッ!と吹き出した瞬間、笑顔が見れた瞬間、なんだか幸せを感じます。
私はきっと、お婆さんになってもこうして旦那様を笑わすのかな~と思うとおかしくなってきて、こんな何気ない日々が幸せなのかな?と思うようになりました!!

(みずきちゃん)

貴方はいつも私を引っ張って行ってくれる人

私が旦那と、お買い物に行ってる時の話なのですが…
旦那が「手を繋ごう」と言って手を差し出して下さるのですが
私は、年齢の事もありますし、若い子達に見られるのが恥ずかしくて遠慮してしまいます。

すると旦那が「恥ずかしくても、君と手を繋ぎながら歩きたいんだ。」
と言って下さって…私は赤面しながらも、手を繋ぎながらお買い物をしました。

この人には、敵わないなと、いつも思ってしまいます。
旦那とお買い物をしている時が凄く楽しくて、私は幸せです。

(棗 鈴香)

お出かけは、いつも手をつないで。

うちの夫婦はお出かでするときは、いつも手をつないで歩いています。

徒歩30分くらいのスーパーなら徒歩で手をつないで二人でテクテク歩いていきます。
普段仕事の日は忙しくて話せなくても、休日は手をつないでお出かけしながら色々話せるので私達夫婦にとって大切な時間です。

ただ残念なのは雨の日です。さすがに傘を差していても手をつないでは腕も洋服も濡れてしまうので手はつなげません。
そういうときでも雨の濡れない店内に入ったらスグに手をつなぎます。

いつまでも手をつなぎながらお出かけ出来る夫婦でいたいです。

(りんご)

子供たちは呆れてます。

出会ってから12年、結婚して8年、子供も二人います。

私は仕事をしながらすっかり子供メインの生活になり、主人のことは二の次三の次。
しかし、主人はずっと私のことを大好きでいてくれています。

私は子供が生まれてから、子供が一番、主人は二番と堂々と言っています。
しかし主人は子供たちに「パパはね、ママが一番大好きだから取らないでね」と、ことあるごとに言っています。

最近子供たちも分かってきたようで、「パパってママのこと大好きすぎるから、隣座ってもいいよ」と言われるほどに。
私は大人びた対応をした子供に、思わず笑ってしまいました。

主人はママの隣に座れてニコニコ。
子供たちのおかげで、私たち夫婦はいつまでもラブラブ仲良しでいれるんだなと、思っています。

(きなこ餅)

愛妻弁当

結婚してからもう13年目ですが、私は主人のことが大好きで大好きで仕方ないです。
毎日会えるのに時間が足りないです。

仕事に行ってもおうちの私のことを思い出してもらいたいので、毎日愛妻弁当を作っています。

主人も世界一美味しいお弁当だって言ってくれます。

(よっちゃん)

車中泊が夫婦の人生を楽しくさせてくれる

私達夫婦の共通の趣味が旅行です。
お互いに海外旅行には興味がなくもっぱら国内のみです。

旅行の度にホテルをとっているとお金がかかってしまうため行ける回数が減ってしまいます。
そこで軽のバンを購入して車中泊をしながら旅行に行っています。

もう一つの共通の趣味として写真があるので、車中泊で二人でいろんなところに旅行をしながら観光地を写真におさめています。

去年1年間で15回車中泊で旅行に行きました。
今年もすでに去年の15回は超えています。

夫婦の共通の趣味があるというのは非常に人生を楽しくしてくれます。
共通の趣味があることで、日々の会話でも話題が途切れませんし、月イチ以上のペースで車中泊旅行に行っているので、「次どこに行くか」 という話題があるだけでも、夫婦の会話が途切れません。

(バモスン)

歳の差夫婦であること。

私たち夫婦は11歳差の歳の差夫婦です。
歳が離れているとたまに所々でジェネレーションギャップが出てきます。

テレビを見ていて新しい女優さんやタレントさんが出演していると旦那が私に「この人は誰?」と聞いてきたり、懐かしいあの人は今?みたいな番組を見ていると反対に私が旦那に「この人どんな人だったの?」というような話題が出ます。

それを教え合いながら一緒にテレビを見ていますが、そうしている間になんだかお互いの知らない学生時代や出会う前の頃を知れたような気がしてうれしくなります。

ジェネレーションギャップはまだまだ出てきますが、こうやってテレビや音楽などを通して旦那のことをまだまだ知っていきたいなと出会って5年経った今でも思います。

(しい)

結婚記念日の花束

結婚して初めての結婚記念日。
私達は結婚してすぐ妊娠・出産したので、当時私は赤ちゃんのお世話で忙しくしていました。

でも一応結婚記念日は覚えていたのですが、夫からは特に何もなく…。
夫は結婚前からあまり記念日を覚えているような人ではなかったので、「まぁ仕方ないか」と思っていました。

しかし結婚記念日の翌日、夫が大きな花束を抱えて帰ってきたのです!
そして花束には「いつも子育てお疲れ様。これからも宜しく」というメッセージが…。

付き合っているときも花束なんてプレゼントしてもらったことはなかったので、とてもビックリしてしまいました。

夫に聞くと、本当は当日花を買おうとしたのだけど、恥ずかしくて買えなかったと(笑)。
でも今日勇気を出して買ったのだそうです。

あの夫がお花を買っている姿を想像すると可笑しいやら嬉いやら。
でも、最高の結婚記念日でした!

(みるる)

幸せなおじいちゃんとおばあちゃん

親戚に仲の良いおじいちゃんおばあちゃんがいます。

もう40年以上連れ添っているというのにいまだに仲が良くて、この前ふたりに会ったときに
「いま一番なにしているときが幸せですか?」
って聞いたらふたりから
「ふたりで外に出かけてデートしているときが一番幸せ」
という答えが返ってきました。

子育ても終えて、定年退職もしてふたりで気ままに外に出かけてデートしているのが楽しくて仕方がない、ということを聞いて、ふたりが羨ましく思えて。

こんな夫婦に自分もなりたいなと思いました。

(maggy)

また同じな私たち夫婦の偶然!

結婚してもうかれこれ数年が経とうとしています。
数年が経とうとしても、付き合っていた頃のように、私たち夫婦は良く話をします。

そんなとき主人から「今日○○が食べたい!」と連絡がありました。
実は、私も同じことを考えていました。
しかも、それが一度や二度ではありません。

その偶然の出来事に出会うたびに、「夫婦仲が良いから似てきてるのかな!」となんだか幸せな気持ちになります。

(さちこ)


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
編集長

enman

このサイトの編集長。 「夫を貶めるには…」「上手く離婚するためには…」というサイトばかり乱立する世の中に嫌気がさし、堂々と夫婦円満・ラブラブ夫婦を目指す当サイトを作成しました!

-夫婦にまつわる作品・エピソード集
-

Copyright© 夫婦円満.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.