FPがアドバイス!夫婦のお金をきっちり管理するおすすめの方法3つ

投稿日:

夫婦で仲良く暮らしていくために、なごやかな雰囲気の中でお金をきっちり管理できたら理想ですよね。デリケートと言われる大事なお金の問題だからこそ、上手な方法で管理したいもの。

そこで今回は、夫婦で仲良くお金を管理していくためのコツを3つご紹介します!

お金管理のコツ① お金の話は楽しい雰囲気の中ですること

お金で喧嘩する夫婦は、お金のことについて相手を責めるような口調で話しがち、という特徴があります。子供のときに、両親がお金の問題で喧嘩する姿を見て、嫌な思いをした経験がある方もいるのではないでしょうか。

毎回そんな調子で喧嘩していたら、長い人生をともに歩んでいくことになる夫婦にとって、大きなマイナス要素となります。将来生まれる子供にも悪影響を与えかねません。

そこで、最初が肝心ということをしっかり認識しましょう。ぜひ楽しい雰囲気のときに、あえてお金の話をするようにしてみてください。

お金があるからこそ、食事ができて外出もできて人生を楽しめるのです。今後もお金をきっちり管理していくために、お金の問題をなごやかに話せる夫婦関係をつくっていきましょう。

お金管理のコツ② お互いに納得し合える管理法を採用し、定期的に見直すこと

共働き世帯であろうと専業主婦世帯であろうと、夫なり妻なり、お金の管理が得意な人に家計管理をお任せするパターンはよく見られます。お金の管理ができて浪費しないほうが管理するのであれば、何の問題もないですよね。

また、2人ともお金の管理が苦手という夫婦であれば、協力して管理していくのがベストでしょう。

ただし、いずれにしても注意したいのが、お互いが本当にその管理法で納得できているのかどうかです。

  • 「毎月お小遣いをもらっているが、本当は足りていない。でも、お金を管理してもらっているし、文句を言いにくいので我慢している」
  • 「毎月受け取っている生活費がカツカツで、貯蓄も考えると服の1着すら買えない。でも、そんなことは言い出しにくい」

など、あなたかパートナーのどちらかが、心の内に問題を抱えてしまっている可能性はありませんか?

これは金額の問題ではありません。お金の管理法について、夫婦できちんと話し合って決められているかどうかが大切なのです。

そして、一度決めた管理法は、定期的に見直すようにしてください。お金のことに限らず、「実際に運用してみたら不満が出てきた」ということはあるはずです。

「2人の生活のためのお金」という意識を持って決めるようにしてくださいね。

お金管理のコツ③ 夫婦で共用の口座をつくる

収入に比較的余裕のある共稼ぎ夫婦の場合、どちらもバリバリ働いている傾向があります。

そういった状況下では、「自分はこれだけ稼いでいる。結婚したとはいえ、ある程度は自由にお金を使っても良いはずだ」という考えが出てくるのは自然なことでしょう。

忙しく働いているからこそ、お金を使ってストレスを解消したいという夫婦もいるはず。

このような場合は、光熱費など「各種支払い用」と「貯蓄用」の2つの共用口座を作り、2人の生活のために必要なお金や貯蓄額をお互いが把握できる仕組みをつくることをおすすめします。

あとは、それぞれが共用口座に必要な額を振り込み、手元に残ったお金は自分のお小遣いとして、自由に使えば良いのです。きっちり管理する部分と、自由にしても良い部分をつくり、お互いの不満がたまらないようにしましょう。

ただし、これはあくまで収入に余裕のある夫婦の場合の話です。収入が少なければ少ないほど、この管理法では厳しくなってくるので注意してください。

まずは夫婦の保険から見直してみませんか?


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

ぼたん

AFP・2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 お金の話をわかりやすく伝えるライターとして活動中です。

-暮らしの疑問
-

Copyright© 夫婦円満.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.