あれ、旦那が冷たい…?夫に心の距離を感じた時の対処法とは

更新日:

夫婦の距離感は目に見えないものですが、一番身近にいる存在だけに敏感に感じてしまうものではないでしょうか?

そこで今回は、夫婦の距離感について体験した事を元にいくつかご紹介します。

「夫婦とはいえ他人だ」と思っている距離感が見えてしまった…

夫婦となり子供を授かって、家族として生活をしていこうと思った矢先のこと。理不尽ともいえる暴言を夫から受けた時は、心の距離感がとてもあるなと感じてしまいました。その結果、私は夫に対して信頼や期待が出来なくなってしまったのです。

夫は後にとても反省してくれましたが、言葉の刃によって私の心に残った傷は、そう簡単に癒えるものではありませんでした。

しかし、私はこの今の距離感を逆手にとっていこうと決めたのです。一度そう決めてしまうと心の整理整頓ができ、意外にも堂々と振る舞えるようになりました。

この経験により、私は動じない強さを身に着けることができたと思っています。そして、試練は乗り越えるために起こると知りました。

夫婦関係について4か月あまり悩んでいましたが、その心の重みが取れ、いつしか離婚という選択肢も消えていました。

良い意味で「夫には期待しない」と心に決めたら世界が変わった

夫婦の距離感は、近すぎず遠すぎずという感覚でいるとバランスがよいとされています。きっとあなたも、この感覚を守っていくことで、これまで重たかった気持ちが楽になり、自身の生活も楽しめるようになることでしょう。

一方的に夫との距離感を縮めようとしても、大抵の場合は「あぁ、やっぱり夫の考えを変えることなんてできないんだ」と打ちひしがれる結果になるだけです。そうなれば、余計に関係が悪化していくことに…。

残念ですが、パートナーには何も期待をしないのが一番です。

「それでは寂しい!」「酷い」「何の解決にもなっていない」と思う方もいるかもしれません。でも、そうではないのです。

大切なのは、まず自分自身が変わること。夫を変えようとするのではなく、あなた自身の考え方・態度を変えていくのです。

見えないものの敏感さを感じる力は、性別問わずとても強いもの。あなた自身が変わることで、相手も自ずと変わっていきます。

自然の流れに身をゆだねてみるということは、案外難しいものです。でも、訓練を重ねていくことで、いつしか毎日が充実した時間となっていきます。

相手ばかりを見る前に、まず自分を顧みること。そうすることで、今まで見えていなかったものが顔を出してくる場合がありますよ。

まずは自分の生活を充実させること

夫婦の心の距離感はとても難しい問題です。バランスがとれている時はとても上手くいくものですが、一度バランスがくずれると途端に関係性が悪化していきます。

まずは今の距離感を自分自身で受け止めましょう。そして、夫婦でいる前に1人の人間として自立するという心構えでいれば、夫との心の距離に開きがあっても気にならなくなります。

逆に距離感を気にしすぎると、それはさらに広まっていき、関係を修復できるきっかけさえも失う事になりかねません。

繰り返しになりますが、まずはあなた自身が変わることです。自分磨きをして1日を有意義に過ごせる何かを見つけ出したほうが、人生をずっと謳歌できます。

気が付いた時には、夫ともバランスの良い距離感を持てるようになっていることでしょう。

既婚男性が語る!夫の愛情を感じられないとき妻がすべき2つのこと

続きを見る


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

rumika

育児をしながらライター業をしています。 色んな経験から記事を書ける充実感を得られるようになりました。 今後もオリジナルな記事が書けるように学びを続けていきたいと 思っております。

-夫婦間の悩み・トラブル
-

Copyright© 夫婦円満.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.